モキュメンタリー映画

RECの手法としても知られるモキュメンタリー映画というものが近年話題となっています。

モキュメンタリーとう単語を聞いたことがない方などにはよく、ドキュメンタリーの間違いではと思われがちですが、モキュメンタリーはれっきとした映画の手法の一つです。

フェイクドキュメンタリーとも言いかえられることもあるこのジャンルは、架空の事件や、人物が主役のフィクションですが、非常にリアルに、まるでドキュメンタリーのようなタッチで描いていきます。

モキュメンタリーの特徴でもある記録映像やPOV(ポイント・オブ・ビュー)という登場人物視点の映像が、最も活きてくるのがホラー映画のジャンル。

狭い視点やリアリティーあふれる作り、手取りのビデオ特有の手振れが恐怖心を膨らませます。

モキュメンタリーの手法は、製作費があまりかからないことも大きなメリットの一つになっています。

低予算しか組めないが、良い映画を作りたいという場合にとられることが多い手法で、映画業界ではローリスクでハイリターンのコンテンツとして、定着してきているようです。

実際に低予算からモキュメンタリーの手法で作り上げられた作品で、高評価を得るものも多く配信され、ファンとしても注目のジャンルです。