RECレック3 ジェネシスについて

Featured

「REC レック3 ジェネシス」はスペインのブロードメディア・スタジオ発のホラーシリーズの第3作。1作目、2作目で独自の世界観を築き上げたRECは、すっかりパニックホラーの新定番になったと言われているシリーズでもあり、この第3作はシリーズファン待望ともいえる作品です。前作の「RECレック」、「RECレック2」と同様パコ・プラサが監督を務めています。1作目、2作目は連作でしたが、この第3作目は初めてRECシリーズを見る人でも楽しめる作品に仕上がっています。「愛」をテーマに作られたという本作品は、オープニング場面も和やかな結婚式場、この幸せな新郎新婦が皆に祝福される場面が一変するところから惨劇は始まります。花婿コルド役はディエゴ・マルティン、花嫁クララ役はレティシア・ドレラという配役、予告篇にも描かれている通り、この花嫁の活躍が見どころの一つ。ウェディングドレスの裾を切り裂いて、襲い来る恐怖に立ち向かう姿は大迫力です。そして、混乱の中離れ離れになるも、再開を信じてお互いを必死に探し出そうとする姿、ラストシーンまで通して描かれる、くじけない夫婦の愛の姿も必見。ラストシーンの花婿の選択に注目です。