REC レック3 ジェネシス、そして完結へ

2012年に公開された「REC レック3 ジェネシス」をはじめ、ホラーファンが魅了されたモキュメンタリー・ホラー、RECシリーズは、自作の「REC レック4 アポカリプス」で完結します。

タイトルがきまっていることからもわかるとおり、すでに予告編が公開されており、近日公開の予定。本作はジャウマ・バラゲロとパコ・プラサが共同でメガホンと取った第1作、2作、そしてパコ・プラサのみが監督をしたREC3とは異なり、ジャウマ・バラゲロのみが監督をしている作品です。

第3作が初作と同じ時間軸で起こったパラドックス的な内容だったのに対し、この最終作は第1作、第2作の続編といった形をとっています。

物語は初作に登場したアンヘラが生きていたところから始まります。

アンヘラはあの惨劇のアパートから生きて脱出し、感染されていないと判断された彼女は特別な設備が整った輸送船に隔離されます。

しかし、病原体は彼女の体の中に潜んでいた、というところから惨劇は始まります。

予告編で映し出された見たことのあるアパート、見たことのある主人公、シリーズファンの間には、完結編への期待が高まっていることでしょう。

ファン待望の完結編は2013年公開予定となっています。