REC レック3 ジェネシスのシリーズを知ろう(第1作)

2012年公開の「REC レック3 ジェネシス」はRECシリーズのスピンオフ的な作品。

POVの効果的な手法で一躍話題になった前作の「REC」と同時期に起こった惨劇という設定で取り上げています。

単独でも十分楽しめるつくりになっていますが、シリーズ前作を知ることでより作品を深く楽しむことができるでしょう。

シリーズ全てを観ることができればよいですが、なかなか時間が取れない方のために、公開と同時に一躍話題となった、「REC」の概要を述べていきましょう。

シリーズ初期の主人公は第3作とは異なり、アンヘラという女性。

TVレポーターのアンヘラは、番組の取材のため消防署の夜勤に密着していました。

そこに一報の緊急通報が、アンヘラも出動に同行することになります。

その通報は老女が奇声を発しているというもので、アパートの部屋に踏み込むと、凶暴化した老女が同行している警察官に突如襲い掛かってきます。

なんとかカメラマンとともに逃げ出したアンヘラですが、アパート全体が閉鎖され外に出られなくなったことを知ります。

この密閉された空間、カメラマンが撮影する狭いアパート内のみの、限られた視点が恐怖をあおります。

主人公がTVリポーターという設定ならではの住人の本音が見えるインタービューのシーンは必見です。